ヘルベチカ

今日波どう?

ヤッホ〜〜CHACOだよー

日中は気温20度代後半の日も多いけど

朝晩はすっかり秋を感じるようになってきたね(風邪が流行ってるからきをつけてね)

湘南アンダーグラウンドも徐々に秋冬に着れるアイテムを出して行くから期待しててね

2014年からスタートした湘南アンダーグラウンドだけど、今まで秋冬のアイテムを出した事はないのね。

サンプルで数点トレーナーを作った事があったけど、同時にブランドとしての活動休止(なんか売れてるバンドみたいな表現だね)があったから

発売にはいたらず結局パジャマになってしまったわけさw

そして2017年の今年から本格的に活動を再開して、

やるからには年間通して少ない品番でもリリースしよう!と決めたのね

んで、全体的なブランディング(大げさだな)を1から考え直して湘南アンダーグラウンドを再構築して行く中で色々と考えて模索してみても

結局自分の中にある”カッコいい”と思うものってあんまり変わってないんだな〜と思うわけ。

でも、時代を生きてる環境が皆同じじゃないから昔のアーカイブやビジュアルって新鮮に感じる人も多いしそこからまた皆が色々とディグって「あ〜なるほど!」ってなったら面白いなって思うから、やっぱり自分の引き出しを開けて時代のフィルターを通して表現して行く手法は変えなくていいのかな〜って思ってるよ(今回のブログ固てー内容だなー)

って事で、販売促進用のポスターを考えてたらやっぱり「このパターンが好きだな〜」ってやつは変わってなかったから”オモイッキリ”のヤツをオモイッキリ作ったよw

好き過ぎて死にそうなカメラマン”テリー・リチャードソン”が撮るビジュアルにHelveticaのフォント

もはや同じ時代に産まれて良かったと思えるほど好きなテリーの写真は勿論の事

Helveticaの清潔感と抜群のバランスがもはや広告を超えたアートになっていると思う。

最近だと”Off-White”なんかもHelveticaフォントを使ったブランドイメージになってて凄いカッコいいブランドだよね!

湘南アンダーグラウンドのビジュアルはファッションも海も抜群のセンスで撮る鎌倉が産んだカメラマン“Yasuma Miura”にお願いしてるの

彼を好きな理由は”ファッション”もキッチリ解っているって所。

水中も風景もポートレートもガチガチのファッションも上手いカメラマンってなかなかいないのね。でもYasumaは凄いのよ!もはや巨匠なんじゃなか!?

そんなとても素敵なビジュアルを毎回提供してくれるYasumaの写真と清潔感のあるHelveticaのフォントを大好きな元ネタをベースに作った湘南アンダーグラウンドの宣伝用ポスターは今の所非売品だけど「欲しいぃ!」って人が10人位いたら販売しようかなwなんて

秋冬アイテムも徐々に入荷するからまたお知らせするね

じゃねー。


0コメント

  • 1000 / 1000