キタイ

今日波どう?

ヤッホーCHACOだよ〜〜

期待に応えると言う事がどれほど大変で

どれほどの努力が必要なのだろうか。

2018年3月公開の映画ドラえもん『のび太の宝島』の脚本が”川村元気”と発表されて

これは観に行かねばならないやつだっ!!

と今日のネットニュースで飛び跳ねてしまったんだよね。

ご存知の方も多いと思うが、、

川村元気とは、、、

2005年の『電車男』を26歳の若さで企画&プロデュースしメガヒットを飛ばした事を皮切りに

『告白』『悪人』『モテキ』と抜群の打率を誇るプロデュース力と企画力を持つ表には出ないスーパースターなのだ。

更に更に『バケモノの子』や『君の名は。』も企画、プロデュースするなど

アニメ作品にも関わらず人間味溢れる作品は圧巻意外何物でもない作品を世に送り出している人並み外れた超人的人物なのである。

作家としても『世界から猫が消えたなら』と言う

普段小説など見向きもしなかった自分ですら今までで一番面白い本だ…

と思う程の作品を書き上げてしまうあたりから…

簡単に言えば、私は川村元気の大ファンであり、次!を期待するアーティストの1人になってしまったのである。

自分が知らず知らずのうちにこの作品面白かったな〜好きだな〜と思っていた物が実は1人の人間が全てに関わっていたと言う事を知ると『ドラえもん』ですら映画館に観に行かねば!と思ってしまうのは必然の出来事なのである。

感覚や感情を揺さぶられる作品を世に産み出せる力の源はいったい何なのか??

と、、、

自問自答を繰り返すも。答えは全く見つからず。。。

感覚や感情は全然揺さぶらないけど…

今週末にTシャツ2型、キャップ1型が発売されるよ。

よかったら見に来てね!

じゃねー。





0コメント

  • 1000 / 1000